猫が便秘になった!?原因と対策を獣医師が解説します

猫が便秘になることってあるのでしょうか?

猫を飼っていると、毎日ウンチをしていたのに、していないことってありますよね。

人間に便秘があるように、当然、猫にも便秘はあります。

ただ猫の便秘の症状や原因が、人間の便秘と完全に同じとは限りません。

今回は獣医師の先生に、猫の便秘について解説頂いたので参考にして下さい。

猫の便秘の症状

まず猫の便のサイクルについて聞いてみました。

獣医師
しっかりご飯を食べている健康な猫ちゃんであれば、1日に1回以上は必ず便が出ます。

丸2日出ていない、出てもほんのわずかな場合を便秘といいます。

便秘のままでいると、トイレに何回も行くけれど、いきむだけで何も出てこない、いきみすぎて吐いてしまう、食欲が落ちる等の症状が見られることがあります。

トイレに行っているの排泄していなかったり、食欲がない時は便秘を疑った方が良いでしょう。

猫が便秘になったらすべきこと

便が出ていないなと思ったら、まずはかかりつけの動物病院に相談してください。

獣医師
便が出てないことから便秘だと思っていたら、誤食した異物が腸で詰まってしまっていることもあります。

処置をしないと命の危険に関わる場合がありますので、自己判断で様子を見ずに動物病院を受診してください。

便秘には必ず原因がありますので、原因を解明しそれに見合った対処をしていきます。

キャットフードを変えれば改善される場合や、お薬を飲まなければならないこともあります。

猫の便秘と病気について

まず、病気とは関係の無い猫ちゃんの便秘には、単純に便が硬くなってしまうことが原因として挙げられます。

腸内細菌のバランスが崩れることにより腸や身体の機能自体には問題はないのに、便が硬いことだけが問題になってしまう場合です。

獣医師
水分を多くとるようにしていただいたり、フードを変更することで改善されることが多いです。

猫ちゃんは自分の毛繕いした毛を飲み込んでしまい、それが塊となって腸につまってしまう毛球症という病気があります。

特に長毛の猫ちゃんで多くみられますが、それが原因で便秘になることもあります。

また、肛門腺とよばれる分泌腺が硬く詰まってしまい、物理的に出口となる肛門から便が通らないこともあり、こちらも肛門腺を絞ってあげるなどの処置によって改善されます。

病気が原因となる猫ちゃんの便秘に関してですが、猫ちゃんに多いのが「巨大結腸症」と呼ばれる病気です。

なんらかの原因で結腸(大腸)が巨大化してしまい、腸の動きも鈍くなってしまうと次々に便が溜まっていき便秘になります。

腸の動きが悪くなる原因は他にも、交通事故により骨盤を骨折してしまいお腹に力が入らなかったり、排便をつかさどる神経がダメージを受けてしまった場合や、老齢になってくると筋力が低下し便秘になることもあります。

腸とは全く関係のない病気で便秘になってしまうこともあります。

お腹の中にできた腫瘍が腸を圧迫してしまい便を排出できなくなることがあり、この場合、腫瘍の治療をしていかなければなりません。

猫の便秘はトイレが原因になることはある?

猫ちゃんはとても繊細で綺麗好きなため、トイレが汚れていたり、自分の気に入らない場所にトイレがあったりすると、尿意や便意があっても我慢してしまうことがしばしばあります。

便を出さずに我慢してしまうと、溜まっている便に更に便が作られどんどん腸が拡張していき、前述の「巨大結腸症」になってしまうことがあります。

獣医師
猫ちゃんのトイレは常に清潔にし、気に入るトイレの場所がわからないときはお部屋ごとに何箇所もトイレを置き、お気に入りのトイレを探してあげることが必要になります。

トイレも猫にとっては大事な場所になるので、きちんと清潔にすることを忘れないでください。

運動不足で便秘になることはある?

獣医師
運動不足になると筋力が低下してしまい、お腹に力を入れて便を出すための筋肉も衰え、腸の動きが悪くなることで便秘になってしまいます。

また、運動不足により肥満状態になってしまうと、衰えた筋肉にさらに脂肪がついてますます便秘を助長してしまいます。

完全室内飼いの猫ちゃんは運動不足になりがちですが、おもちゃを使って遊ぶなどして適度な運動をさせてあげることが重要になります。

キャットフードや食事と便秘の関係

元々、猫ちゃんの必要とする栄養素は、炭水化物よりもタンパク質がメインとなります。

しかし、便秘予防にいいとされる食物繊維は炭水化物に含まれるので、必然的に摂取する量も減り、また猫ちゃんの体質に合わない穀物などが使用されているキャットフードを食べていると、腸内が異常発酵してしまいガスで腸が膨らみ、「巨大結腸症」の原因になることもあります。

獣医師
便秘を改善するためにサイリウムという食物繊維が含まれたキャットフードやサプリメントをおすすめすることがあります。

サイリウムは、水と反応すると10倍に膨れ上がり便に水分を含ませて柔らかくさせてくれる効果がありますが、腸内で異常発酵しにくい性質があります。

便秘にはもちろん、毛玉の排泄を促すとの報告もあり、毛球症の予防にもなります。

また、食物繊維(つまり炭水化物)の割合が多めに配合されているフードに変更してみたり、はたまた真逆の腸内の細菌バランスを崩し異常発酵させてしまう原因となる穀物を全て排除した”グレインフリー”と呼ばれるフードに変更したりすることで便秘が改善されることがあります。

これらは全て猫ちゃんそれぞれの体質によりますので、体質に合うフードを探していく必要があります。

いずれにしても、便秘の疑いがあった場合は、一度かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です