獣医師に聞いた!猫とアレルギーの関係とキャットフードの選び方

猫を飼うときに注意したいことに、アレルギーに気をつけることがあります。

アレルギーはもともとの体質だけではなく、キャットフードなどが原因になることもあります。

猫にも当然アレルギー反応はあるので、飼い主としてしっかりと体調管理をしてあげることも大事なことになります。

今回は獣医師の先生に、猫のアレルギーについて聞いたので参考にして下さい。

猫のアレルギーの種類

まず猫にもアレルギーってあるのでしょうか?

獣医師
猫のアレルギーも人間と同様に、体の免疫反応の暴走であると考えられています。

ある特定の物質を触ったり、口に入れたり、吸い込んだりした後、正常な免疫反応であれば、適度な状態で体を守ることができます。

しかし、アレルギー反応が出てしまう場合には、その物質に対する免疫反応が過剰である為、結果的に体に異常を来たして不快な状態になります。

例えば、皮膚が赤くなったり、痒みが出たり、嘔吐や下痢、などの症状が代表的なものです。

こう言った猫のアレルギーは、大きく分けて以下の2種類が挙げられます。

①食物アレルギー(食物過敏症)

猫が食べた物がアレルゲン(アレルギー原因物質)である場合に、様々な症状が出ます。

肉類

動物由来の肉類の内、1種類以上の肉に対するアレルギー反応により、何らかの症状が出る場合があります。

例えば、いつもビーフを食べると体に異常が現れる(嘔吐や下痢する、皮膚にブツブツが出る、など症状は様々)と言った猫は、まず最初にビーフに対するアレルギーを疑います。

穀類

動物に限らず、植物由来の物質に対しても、下痢や嘔吐、皮膚の異常、などの症状が見られることがあります。

②食物以外の物質に対する過敏症

食物以外でも、アレルゲンが鼻や皮膚などから入り込み、アレルギー反応が出ることがあります。

ノミアレルギー

ノミに寄生されて血液を吸われてしまうと、ノミの唾液の中の成分が猫の体の中に入り込みます。

この唾液に対する過敏な免疫反応により、全身の皮膚に多数のブツブツとした発疹が見られ、猫はひたすら体を舐めたり、掻いたりして皮膚に傷をつけていきます。

その結果、脱毛したり、引っ掻き傷による細菌感染などが起こり、更に、ノミから瓜実条虫をうつされる可能性も高く、問題は深刻化します。

香料アレルギー

香料が加えられている猫の砂や、室内の消臭剤、洗浄剤、と言ったものを吸い込んだり、触れることで、鼻水が出たり、目やにが出たり、皮膚炎になったり、する場合があります。

アトピー性皮膚炎

遺伝的な因子も関係していると考えられていますが、生活環境に存在している何らかの物質、例えば、屋外であれば花粉、屋内であればハウスダストと言われているような物質に対して過剰に反応します。

症状は、鼻水や涙、脱毛、皮膚を異常に舐める、発疹、など、様々なで、全ての猫に同じ症状が出るわけではありません。

また、アレルギーの原因になる物質は1種類とは限りません。

他のアレルギーと同様に、症状に対する猫の行動(舐め過ぎる、掻き過ぎる、など)によって二次的な問題が出てくることが非常に多いです。

年齢やアレルギーが出やすい猫の特徴

次にアレルギーが出やすい猫の年齢や特徴について説明します。

アレルギーが出やすい年齢

アトピー性皮膚炎に限っては、2歳よりも早い時期に発症する可能性が高いと言われていますが、一般的に、アレルギーと言われている物に関しては、どの年齢でも発症する可能性があります。

ただし、生まれて初めて特定の食物を口にして下痢や嘔吐などの症状が出る場合には、元々、その食物を受け付けないということがあり、アレルギーとは区別されます。

アレルギーになりやすい猫

サイアミーズ(シャム)は食物アレルギーを発症する好発猫種と言われています(参考:The Feline Patient, fourth edition)が、どの猫も発症する可能性があります。

また、何らかのアレルギーを持った猫の家族は、アレルギーを発症する可能性が高いと考えられています。

遺伝的な要素もあるのですが、どんな猫もアレルギーを発症する可能性はあります。

アレルギーとキャットフードの関係

猫を飼っている人が気になることとして、キャットフードとアレルギーの関係についてもあると思います。

獣医師の先生に、アレルギー用のキャットフードの効果について聞いてみました。

獣医師
アレルギー用のキャットフードの効果に関しては、まずアレルゲンが何であるかにより、効果も異なります。

例えば、ノミアレルギーの猫に、チキンや穀類にアレルギーがある猫の為のアレルギー用キャットフードを与えても、治療効果は得られません。

まず、ノミを駆除して寄生させない予防を行う必要があります。

獣医師
穀類にアレルギーがある猫が、穀類を全く含まないグレインフリーと言われているアレルギー用のキャットフードを食べた場合には、効果が期待されます。

しかしながら、アレルギーを発症している原因物質(アレルゲン)が穀類のみでない場合には、全てのアレルゲンを排除しなければなりません。

その為、飼育環境などを徹底的に管理する必要があります。

キャットフードでアレルギーはどの程度解決できる?

キャットフードでアレルギーが解決できる種類のアレルギーであれば、解決できる可能性があります。

しかし、アレルゲンがキャットフードの成分のみに限定されていない症例も存在する為、ライフスタイルからの総合的な評価と診断が必要になります。

例えば、キャットフードはアレルギー用のキャットフードに交換しても、食べる器のプラスティックにアレルギーがある場合には、症状が軽減しても、完全に症状が消えることは難しいと言えます。

安いキャットフードはアレルギーになりやすい?

キャットフード選びで気になることに、安いキャットフードは絶対にダメなのかがあります。

獣医師
安いキャットフードに使われている素材が、必ずしもアレルギーを起こしやすいという訳ではありません。

どんな猫も、同じ素材を毎日長期間食べ続けていると、アレルギーになる可能性があります。

そのため適度にキャットフードを変えることや、色々なキャットフードを試してみて愛猫に合うものを探すことが大事になります。

また、体質や生活環境、習慣にも個体差がありますから、キャットフードの値段での判断はできないと言えるでしょう。

ただし先ほども説明したように、グルテンフリーのキャットフードを選ぶことで、穀物アレルギーのリスクを下げることは可能です。

その意味では、高品質のプレミアムキャットフードを選ぶのもおすすめになります。

グルテンフリーのおすすめキャットフード

最後に、穀物アレルギー対策にもなるグルテンフリーのおすすめキャットフードを紹介します。

ジャガーキャットフード

料金/量4,280円 / 1.5kg
原料チキン、サーモン
原産国イギリス
カロリー約384kcal/100g
対応年齢全年齢対応

英国産のクオリティの高いプレミアムキャットなどであるジャガーキャットフード。 丁寧に調理して作られ、新鮮で上質で厳選された材料を使っています。  高タンパクで栄養価も高い高級感のあるフードで、穀物も一切使用していません。

シンプリーキャットフード

料金/量4,276円 / 1.5kg
原料サーモンが主原料
原産国イギリス
カロリー約384kcal/100g
対応年齢全年齢対応

動物栄養学者と共同で開発されたイギリス産の「シンプリーキャット」。高品質なタンパク質が摂取でき、穀類不使用のグレインフリーです。 健康的なだけでなく、味の口コミ評価も高いのがポイントです。

オリジン

料金/量1,458円 / 340g
原料チキンが主原料
原産国アメリカ
カロリー約406kcal/100g
対応年齢全年齢対応

カナダ産でチキンがメインのプレミアムキャットフードです。オリジンの特徴としては、新鮮な肉を利用しています。 90%が肉類で、食材は選び抜かれた、こだわりのあるものを使用しています。  鶏肉と七面鳥などの肉類は、保存際を一切使わず冷蔵または、急速冷凍した新鮮なお肉んをこだわりを持って使っています。

ナウフレッシュ

料金/量5,616円 / 1.81kg
原料ターキーが主原料
原産国カナダ
カロリー約386kcal/100g
対応年齢成猫期~シニア期

ナウフレッシュは、その名の通りフレッシュさを売りにしており、「キッチンで作る食事」のような新鮮さを目標としています。 原材料は新鮮な生肉や生魚など新鮮で栄養価が高くバランスのとれたフードと言えます。

アカナキャットフード

料金/量7,344円 / 2.27kg
原料チキンが主原料
原産国カナダ
カロリー約406kcal/100g
対応年齢全年齢対応

アカナキャットフードはカナダ産のキャットフードです。原材料としては、チキンがメインですが、 肉や魚の割合が70%と低めです。 全体的にみても、タンパク質やカロリーが低めになっています。 お肉や魚が少ない分は、野菜や果物でバランスをしっかりととっているヘルシーなキャットフードです。

ナチュラルバランス

料金/量1,615円 / 1kg
原料チキンが主原料
原産国アメリカ
カロリー約372kcal/100g
対応年齢全年齢対応

原料として「チキン」がメインのナチュラルバランスは、バランスがよくとれたキャットフードです。 アレルギー対策として、グルテンフリーで安全性もあります。また、腸内環境を整えてくれるお腹に優しいフードです。

ブルーバッファロー

料金/量定価1057円 / 400g
原料骨抜き鶏肉が主原料
原産国アメリカ
カロリー375kcal / 100g
対応年齢全年齢対応

ブルーバッファローでは猫に十分なたんぱく質を与えるため、骨抜き鶏肉やチキンミール、玄米などの穀物類、野菜類を豊富に含んでいます。鶏肉は人でも食べられるような部位であり、廃棄対象となるような副産物は使っていません。

ニュートロ・ナチュラルチョイス

料金/量1080円 / 500g
原料チキンが主原料
原産国アメリカ
カロリー365kcal / 100g
対応年齢全年齢対応

ニュートロ・ナチュラルチョイスでは原料にこだわり、自社工場で品質のブレがないよう厳正に製造しています。主原料のチキンは、猫がおいしいと感じる良質な生鶏肉を使っています。 また腸内環境を整える食物繊維や、免疫力を高める抗酸化成分も含まれているので健康対策も万全です。

モグニャン

料金/量4,276円 / 1.5kg
原料白身魚が主原料
原産国イギリス
カロリー約374kcal/100g
対応年齢全年齢対応

モグニャンの原料は、白身魚がメインとしてたっぷり使われています。 白身魚は消化にとてもよく、アレルギーになりにくいことも大きな特徴です。 白身魚の使用は、なんと63%にもおよび、栄養価も非常に高いものがあります。

カナガンキャットフード

料金/量4,622円 / 1.5kg
原料チキン
原産国イギリス
カロリー約384kcal/100g
対応年齢生後2ヶ月から老猫まで

カナガンはドライフードが苦手な猫ちゃんにもとってもおすすめで、味も美味しいことが特徴です。 その為、猫ちゃん達の食いつきも、非常によいフードです。 カナガンに変えてから、よく食べるようになったとのクチコミも多く評判です。100%無添加というのも大きな特徴です。 また原材料は厳選されたヒューマングレードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です