【キャットフードの安全チェック】シンプリーはプレミアムフードとして質は高い?

シンプリーは、カナガンと同様に、多くのキャットフードレビューサイトで高評価を得ている、動物愛護先進国イギリス産のフードです。

ペット先進国が多いヨーロッパのキャットフードなので、やはり質は高いと考えてしまいます。

ただ口コミなどを見ると、猫によってはシンプリーを受け付けない猫もいるようです。

今回は人気のキャットフード「シンプリー」は安全かについて見ていきたいと思います。

シンプリーキャットフードの特徴

公式ホームページには、シンプリーの特徴として、3つ挙げられています。

それぞれ見ていきましょう。

(1)さまざまな健康リスクに配慮した黄金バランス

◆キナ酸 尿路結石ケア
◆オリゴ糖 毛玉の排泄サポート
◆グレインフリー サツマイモ

キナ酸の原料になっているクランベリーは、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンCを豊富に含むだけでなく、尿路感染症を防ぐとともに、尿のpHを弱酸性にして尿路結石が形成されないようにする効果もあるので、下部尿路に問題を起こしやすい猫にとっては魅力的です。

オリゴ糖には、腸内の善玉菌の増加と悪玉菌の減少させることで腸内環境を良好にする作用があります。

サツマイモには食物繊維も豊富に含まれていますので、相乗効果で便の調子が良くなることが期待できます。

(2)思わず猫が食いつく厳選素材!

粒の表面をサーモンスープなどのフレーバーソースでコーティングすることで嗜好性をよくしています。

ただし、匂いには好き嫌いもあるので、強い匂いがすると、食べなくなる猫もいることには注意が必要です。

また、表面にコーティングすることは、劣化を早めることになるので、保存状態に気を使う必要があることや、強いフレーバーに慣れてしまうと、他のフードには手をつけなくなってしまうといった懸念もありますので、一長一短と言えるでしょう。

(3)品質管理が徹底された生産ラインで製造!

管理が徹底されていて好感が持てます。

製造工場は、イギリスの食品安全規格であるBRCを取得しており、人間向けの食品安全性の基準をクリアしているといことは安心感があります。

シンプリーキャットフードの原材料・成分

シンプリーキャットフードの原材料と成分を見て見ましょう。

原材料

骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

成分

粗タンパク質37.00%、脂質20.0%、粗灰分9.50%、粗繊維1.50%、水分7%、オメガ6脂肪酸1.33%、オメガ3脂肪酸3.89%、リン1.32%、マグネシウム0.13%、カルシウム1.89%、カリウム0.59%、ナトリウム1.0%、 エネルギー(100gあたり)/約380kcal

最も多く使われている原材料が「骨抜き生サーモン(31%)」で、2番目に多いのが「さつまいも」、次いで「乾燥ニシン(12%)」「乾燥サーモン(11%)」となっています。

猫は完全肉食動物ですので、原材料として質の高い肉または魚がたくさん使われていることが望ましいです。

シンプリーは生サーモンをメインとして、タンパク質源として魚をたっぷりと使っているようです。

原材料に数値で使用量を明記していることも評価できます。

他に多く使われている原材料は、「サツマイモ」「ジャガイモ」です。

原材料に麦や米などの穀物を用いておらず、猫にとって望ましいグレインフリーのフードです。

シンプリーの特徴でも述べましたが、下部尿路の健康に効果的なクランベリーや、悪玉菌の定着を防ぐマンナンオリゴ糖と、善玉菌の食源となるフラクトオリゴ糖など好ましい原材料が含まれています。

人工の酸化防止剤は使用しておらず、カモミールやペパーミント、マリーゴールドといったハーブ類が酸化防止剤の役割を果たしています。

これはとても望ましいことですが、シンプリーは1.5kgの製品しか製造されていないので、開封後すぐに小分けにして密封するなど、保存方法には注意を払う必要がありそうです。

欲を言えば、容量の小さな製品も揃えてもらいたいものです。

成分を見ると、タンパク質は37%とグレインフリーフードとしてはやや低めです。

ただし、一般的なキャットフードと比較すると非常に高タンパク質で、脂質も20%と高めです。

肉食動物である猫の本来の食生活に沿った成分バランスといえます。

高タンパク質・高脂質にも関わらず、カロリーは380kcal/100と抑えられているところが、運動量が少ないのでカロリーコントロールもしたいという猫にとっとは魅力的です。

特筆すべきは、オメガ6脂肪酸が1.33%、オメガ3脂肪酸が3.89%と必須脂肪酸が非常に豊富に含まれていることです。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の理想的な比率については研究途上ではありますが、研究が進むにつれてオメガ3脂肪酸の割合を多くすることが重要であることがわかってきています。

オメガ3脂肪酸は、脳機能を高め、抗炎症作用や細胞への酸素供給に寄与するといった効果があります。

シンプリーはメインの原材料がサーモンであることに加え、サーモンオイルやサーモンスープが添加されていることもあり、他のキャットフードと比較するとオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

一方で、マグネシウム含有量が多いことが懸念されます。

マグネシウムは、ストルバイト結石の元にもなりますので、多くのキャットフードは0.1%以下に抑えられていますが、シンプリーは0.13%と多く含まれています。

下部尿路の健康が心配な場合には注意が必要です。

シンプリーキャットフードの評判

シンプリーは、カナガンととてもよく似たキャットフードです。

カナガンがチキンベースなのに対し、シンプリーはサーモンベースという大きな特徴の違いはありますが、それ以外の原材料は同じものが多いので、この二つで迷った場合は、肉が好きか?魚が好きか?という基準でシンプルに選ぶのがよいかと思います。

似ているのは原材料だけでなく、原産国も輸入元も、販売手法も同じです。

そのため、シンプリーも利益だけを目的とした過剰に高い評価と、目も当てられないようなひどい評価に分かれているので、調べるときには注意が必要です。

シンプリーキャットフードまとめ

シンプリーは、優れた原材料が用いられており、添加物も天然由来の成分でとても優れたキャットフードです。

ただし、カナガンと同様に、インターネット上の評価は異常に偏っています。

その点を認識した上でしたら、愛猫にあうフードを探求している方にとっては、一度は試してみてもよいフードではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です